住宅に求めるものは人それぞれ違うと思いますが、絶対に欠かせない条件になるのが、快適さだと思います。

リフォームのビフォー・アフターをみて思う事
リフォームのビフォー・アフターをみて思う事

住宅に求めるものは人それぞれ違うと思いますが・・・

住宅に求めるものは人それぞれ違うと思いますが、絶対に欠かせない条件になるのが、快適さだと思います。
外で疲れて帰って来て、ゆっくりと休んで疲れを取り除いてくれる快適さが無いとストレスが溜まってしまいます。各住宅メーカーは、日々の暮らしをより良いものとする為に、日々進歩しています。
私の実家は築40年になる木造住宅でしたが、夏は暑く、冬は寒い、家の中には段差があり、階段も急勾配でした。
両親が高齢になってきたという事もあり、思い切ってリフォームをする事にしました。
まず、外壁には断熱材を発泡する硬質ウレタンフォームを吹き付けしてもらい、通常のグラスウールよりも高断熱にしてもらいました。
そして、廊下から各部屋に入る時にあった僅かな段差も取り除き、全面バリアフリーにしました。
そして、2階に上がるのが困難だった階段も勾配を緩くし、段数も増やして蹴上高さも低くしました。

高齢の両親には、見違える程快適な住宅へと生まれ変わりました。
住宅も住む人に合わせて、時代と共にリフォームしてあげる事が大切だと感じました。

もっと理解を深めたい方へ

Copyright (C)2017リフォームのビフォー・アフターをみて思う事.All rights reserved.