建て替えもそうですが、リフォームは同じ住所なので、近所づきあいが変わらないというところが、良いところだと思っています。

リフォームのビフォー・アフターをみて思う事
リフォームのビフォー・アフターをみて思う事

建て替えもそうですが・・・(男性49歳)

建て替えもそうですが、リフォームは同じ住所なので、近所づきあいが変わらないというところが、良いところだと思っています。
リフォーム前の家は、1年2年ではなくて、何年も住んでいる「思い出」の場所だからです。
もしかしたら、「老夫婦の新居」だったのかもしれないし、そこで成長した「子供達の思い出の住まい」かもしれません。それが、家の中が古くてダメになってしまっても同じ場所に住めて、しかも、家の外観は変わらないので、安心して住めるような気がするのです。

内装も以前のまま新しくなれば、タイムスリップしたようで楽しいのでしょうが、しかし、家はその時代に合って進化しているのだな、と思わされます。例えば、リフォーム以前の家よりも、リフォーム後の家は、コンセントの数が増えたり、洗濯機や食洗機の場所が確保されたりといったことです。
つまり、昔の家は時間が経つにつれて機能的でなくなり、時代に合わずに非効率的になってしまうということなのだ、と思いました。
テレビで見ていたら、エアコンの室外機の置き場がない家もありました。
昔は必要なかったのでしょう。
私はリフォームに、とても好感を抱いています。何故なら、今までの近所づきあい、住所、生き方がそのまま続けられるからです。
更に、内装が現代風に変わることによって、建て替えるよりも安く、現代に合わせて機能的になり、便利になります。更に、現代的な壁紙やキッチンのデザインによって、気分も良くなります。
リフォームは、内装が変わるだけでなく、それ以上に色々な意味でとても良い効果が沢山あると思います。リフォームのビフォー・アフターを見て、私はいつもそう思います。

もっと理解を深めたい方へ

Copyright (C)2017リフォームのビフォー・アフターをみて思う事.All rights reserved.