ここ最近、新築の住宅戸数が若干増えているとのことです。

リフォームのビフォー・アフターをみて思う事
リフォームのビフォー・アフターをみて思う事

ここ最近、新築の住宅戸数が若干増えているとのことです・・・

ここ最近、新築の住宅戸数が若干増えているとのことです。

消費税増税前の駆け込み需要で、マイホーム建設ラッシュになっていると思われます。
しかし、高度成長期もしくは、バブル期当時のマンション熱に比べますと、近年の新築ブームは落ち着いていると言えるでしょう。むしろ持て余している既製の住宅をメンテナンスして、維持していくことが増えていくと感じざるをえません。
テレビ放映の番組が後押しているせいか、リフォームが流行っています。中には築まだ20年も経っていない程なのに、スタイルが昭和風で時代遅れなので、最新のモダンデザインに改築するというお家もあります。結局のところ、家は土台や骨組みがそのまま残っていたとしても、住む人の家族構成や暮らし方によって、少しずつ組み替えされながら、存続していくものなのかということです。

昔ながらの民家には、太くて丈夫な梁が渡されており、しっかりした柱があったものですが、現在の住宅では何がどのように家を支えているかが、少々分かりにくくなっています。確かに古めかしいですが、リフォーム前のお宅は結構高級な木材やタイル張りだったのが、リフォーム後はお洒落だけれど、どこでも見かけるような、横並びのデザインだったりもして、残念だなと思うことはあります。
とはいえ、現在の居住者にとっての快適な住み心地こそが重要視されるのですから、それでいいのかもしれません。時代に沿うというのも、立派な生活様式のデザインです。

Copyright (C)2017リフォームのビフォー・アフターをみて思う事.All rights reserved.